「飯田駅実現まであと一歩」、リニア促進大会で関係者ら

リニア中央新幹線

[ 2010年 8月 23日 月曜日 15時47分 ]

 20日に神奈川県相模原市で開かれたリニア中央新幹線建設促進経済団体連合会の早期建設促進大会には、沿線9都府県から600人の関係者が出席した。飯田下伊那地域からは、地元の相模原市に次ぐ40人が出席。大会終了後は、口々に「飯田駅実現まであと一歩だ」と期待を膨らませていた。

 1990(平成2)年の発足から、沿線各都府県を持ち回りで開催。県内でも飯田市で第6回、伊那市で第13回、茅野市で第20回大会を開いている。

 飯伊は初大会から事務局の飯田商工会議所が呼び掛けて参加団を結成。今回は商議所の役員や議員のほか、県商工会連合会下伊那支部広域協議会、飯田市、同市議会、市、下伊那郡町村会の幹部らが過去最大規模の参加団を結成し、大型バスで会場に向かった。

 大会では、整備計画の早期決定や地域の意向を反映させた駅設置を求める4項目の決議を採択。来賓として出席したJR東海の金子慎専務が、計画前進を誓い、理解と協力を求めた。

 「夢が現実になる」。そんなあいさつが続くなか、飯伊の関係者たちも「いよいよリニア計画が実現する」と期待を膨らませた。

 商議所の議員の一人は「県内ではルート問題をめぐる報道が続くが、全国的に見れば、南アルプスルートが常識になっているということをあらためて感じた」。多くが「経路選定問題はすでに終わった」と受け止めて、その先にある「中間駅設置費」への懸念を口にしていた。

 事務局の熊谷秀樹さんは「毎年、大勢の方に参加していただき、継続して出席していることで、沿線他県とのつながりも深まってきた。駅実現後の地域づくりや、交流連携を踏まえたネットワークづくりにつなげていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞