ゆめみらい南信州が現地視察と研修会

リニア中央新幹線

[ 2016年 2月 12日 金曜日 9時29分 ]

 飯田下伊那の市町村議会議員の有志ら40人でつくる「ゆめみらい南信州」は9日、リニア中央新幹線県内駅の周辺整備やアクセス道路に関し、現地視察と講演による研修会を市内で開いた。約30人が参加した。

 視察は、リニア駅へのアクセス向上を目的に、スマートICを開設する中央道座光寺PAや新設する座光寺上郷道路のルート、拡幅する国道153号などを経て、市内上郷飯沼北条地区の駅予定地周辺を巡り、それぞれで市リニア推進部の職員から説明を受けた。

 続いて、南信州広域連合の渡邉嘉蔵事務局長が広域的な幹線道路整備の方針について講演。重点的に整備を促進する路線、事業化の推進を図る路線、国や県に整備手法や事業化の検討を依頼していく路線などを解説した。

 意見交換では、リニアの開通を見据えた地域づくりに関し、コンベンションホールや魅力発信施設、2次交通など広域的な検討が見込まれる事業の財源負担などが話題に上った。

 渡邉事務局長は広域連合のリニア関連基金は現在4000万円で、新年度予算案にも1000万円の計上を見込む状況を伝えた上で「新年度に広域として取り組むべき事業の具体的な検討を進め、必要な額や実施主体を含む負担割合などを明確にしていければ」との意向を示した。

 研修会に続く会の総会で熊谷英俊会長(大鹿村議)は「議員それぞれに日々、情報の収集を図っているが、正しく共有することが大事。補完し合う集まりとして機能できれば」と呼び掛けた。

 同会は10数年ほど前に結成された若手議員の会を前身に、2009年に発足。会員の1人は「地域を良くしていこうの思いを持った集団。今後も議論や研さんを重ねていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞