リニアでJRと県内関係首長が意見交換会

リニア中央新幹線

[ 2016年 10月 3日 月曜日 15時59分 ]

001リニア

 JR東海のリニア中央新幹線計画をめぐる同社と県、県内の関係市町村長との意見交換会が3日、県飯田合同庁舎で開かれた。着工に向けた動きが本格化しているのを受け、事業の円滑な推進を図る目的で初開催した。

 JR東海からは宇野護中央新幹線推進本部長、松野篤二中央新幹線建設部名古屋建設部長、水野孝則同推進本部副本部長、県からは水間武樹リニア整備推進局長ら3人、沿線からは飯伊14市町村の首長らと、南木曽町、中川村の町村長が出席した。

 公開した冒頭のやりとりで、市町村を代表してあいさつした飯田市の牧野光朗市長は「具体的な工事が始まろうという段階になり、期待とともに住民の不安、心配も高まっている」と指摘。「沿線市町村もさまざまな課題を抱えている」とし、「事業主体であるJR東海が地域住民の理解や納得を得る中で、工事を進めることが必要不可欠」と述べた。

 JRの宇野本部長は、あいさつの中でリニア計画全体の進ちょく状況を説明。県内では大鹿村の南アトンネル長野工区(約8・4キロ)で工事説明会を始めているとし、「これまでの説明会で出された意見に対する当社の計画、考え方をまとめ、10月中に2回目となる全体の説明会を開きたい」とした。

 また、同市上郷北条地区に計画している長野県駅については、道水路の付け替え協議が終盤を迎えているとし、「引き続き、地域の声を伺いながら、県、市と連携して進めたい」と強調。工事の安全、環境の保全、地域との連携を重視する姿勢を示し、「今後の工事を見据えると、課題がたくさんある。引き続きバックアップをお願いしたい」と協力を求めた。

 午前の会見で牧野市長は「環境影響に対する住民要望を再度確認し、伝えるべきところは伝えたい」としており、意見交換では各市町村長が、環境影響や発生土の運搬と処理、用地取得などに関する住民の不安の声を伝え、JR側の説明を求めているものとみられる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01