リニア建設、松川工区は2段階で 中ア側は年内に工事説明会

リニア中央新幹線

[ 2017年 10月 5日 木曜日 16時09分 ]

中央アルプス(松川)外工区の進捗状況

 リニア中央新幹線の整備に関する飯田市丸山地区への説明会が4日夜、丸山公民館で開かれ、JR東海は中央アルプス(松川)外工区の進ちょく状況を伝えた。中アと風越山のトンネル2本を計画しているが、工事着手までの手続きを分ける方針。中ア側は来年初頭からの準備工事を計画しており、着工に向けた工事説明会を年内にも開く。

 同工区は松川橋梁を挟み、東側の風越山トンネル(延長約5・6キロ)内の約2・3キロと、西側の中アトンネル(約23キロ)内の約4・9キロなど。JRの委託で鉄道建設・運輸施設整備支援機構が工事を担う。

 同一工区内で着工前の手続きを分けるのは県内の計画地では初。同社長野工事事務所によると、風越山は黒田非常口先の作業用トンネルから、中アは松川橋りょうの坑口からそれぞれ西方向に掘るが、坑口間に一定の距離があるため、時期を分けるという。

 中ア側は手続きが進み、この日の丸山で対象全地区への説明を終えたことから、年内にも工事説明会を開き、着工の局面に移行する。

 工事説明会は機構が主体となる見通しで、具体的な工事の内容や工事用車両の運行計画、安全・環境保全対策などを示す。

 日程案によると、準備工事は妙琴公園内での工事ヤード造成から始め、工事用道路の整備、県道飯田南木曽線の拡幅を進める。本工事となるトンネル掘削は19年度後半からを見込んでいる。

 風越山側は来年度末までに用地取得の手続きをし、19年度内に工事ヤードを造成。同後半からのトンネル掘削を計画している。

 丸山の説明会は非公開。住民25人が参加した。

 JRによると、市道城山線沿いに整備する黒田非常口と作業ヤードの平面図を新たに示し、幅杭設置を終えて用地取得を進めている状況を伝えたという。

 同社はまた、掘削方法を検討している上郷飯沼の駅西から同工区東端までの約3キロのトンネルについて、全14カ所で地質調査を実施したと報告し、「結果を踏まえて詳細な検討を進めている」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞