リニア意見公募に150件余、JR東海との調整望む声多数

リニア中央新幹線

[ 2011年 1月 15日 土曜日 13時40分 ]

 国交省交通政策審議会中央新幹線小委員会の中間まとめをめぐって同省鉄道局が実施した意見公募(パブリックコメント)で、飯田下伊那地域からの意見数が150件を超えていることが14日、分かった。「南アルプスルートが適切」とした判断を歓迎する声が主で、中間駅設置について地元とJR東海の十分な調整を求める声が多かった。

 意見公募の対象は、経路を南アルプスルート、走行方式を超電導リニアとし、建設・営業主体にJR東海を指名することが適切とし、付帯意見で沿線とJR東海の調整などを求めた同小委の中間まとめ。最終答申案を策定する際の参考にするため、同局が14日まで実施していた。

 飯伊では希望者の意見をリニア中央新幹線飯田駅設置推進協議会がまとめて送付しており、同協を通じて提出された意見は13日までに150件に達した。

 意見の中心は南アルートを適切とした判断を歓迎したもので、「国全体の景気浮揚に効果がある」とするなど、早期実現を願う声が多かった。

 中間駅の設置については、先に飯伊期成同盟会が提出した意見書同様、設置場所の決定や負担の分担をめぐって地元とJR東海の十分な協議を求める意見、国の主導や調整を求める声が大半を占めた。

 駅の設置場所に言及する提出者もあり、現飯田駅併設を願う意見では「成熟社会にふさわしいコンパクトシティの構想に合致する」「既存の交通体系を最大限に活用できる」「地域の発展にもっとも寄与する」などがあった一方、「将来を考えればJR東海に従うことが良い」「郊外の方が発展する可能性がある」とする声もあった。

 また、計画に反対する意見では、南アの自然破壊や工事現場となる地域の生活環境の悪化を懸念する声があった。

 同協によると、個別に送付した市民も多いと見られる。

 事務局の熊谷秀樹さんは「意見公募に応じたことで、リニア計画を身近に考えるようになったという声が聞かれた。地域のさまざまな声が最終答申に反映され、より良い計画推進につながることを願っている」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞