リニア推進協がカレンダーで市民募金PRへ

リニア中央新幹線

[ 2010年 10月 29日 金曜日 9時44分 ]

 リニア中央新幹線飯田駅設置推進協議会と飯田商工会議所は、飯田駅設置に向けた市民募金などをアピールする2011年用カレンダーを作成し、31日に飯田市の中心市街地で開く全国獅子舞フェスティバルin飯田で発売する。1枚500円で、うち200円が市民募金に充てられる。

 カレンダーはA2判フルカラー。実験線車両のイメージ写真を中央に載せて「南アルプスを貫き、さあ南信州へ」などのキャッチコピーを記している。

 各駅停車の所要時間を時刻表に見立てて、飯田―品川間が40分、飯田―名古屋間を20分とする予測も掲載。「私たちの手でリニア飯田駅の設置を」と、市民募金への協力も求めている。

 約1000部を作成し、原価を除く200円を市民募金に充てる。

 発売日は31日で、獅子舞フェスティバルの会場内、りんご並木の商議所特設ブースで販売する。11月3日の丘のまちフェスティバルでも窓口を設けるという。

 また、11月1日から飯田市主税町の飯田商工会議所でも取り扱う。

 企業向けにタテ型のカレンダーも用意。企業名(白色)を入れる枠を設けて100部5万5000円で提供するという。

 事務局の熊谷秀樹さんは「多くのお店や家庭にカレンダーを張っていただき、リニアに対する気運を高めていただきたい。幅広い郡市民の方々に募金の輪が広がっていけば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞