リニア残土運搬、県道改良で安全祈願式 7日に大鹿で本体工事説明会

リニア中央新幹線

[ 2016年 8月 31日 水曜日 16時22分 ]

施工ヤードで開いた安全祈願式

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル掘削で大鹿村から出る土を運ぶ経路となる県道松川インター大鹿線の改良をめぐり、JR東海は31日、トンネル2本を新設する上伊那郡中川村の施工ヤードで安全祈願式を開いた。2018年4月末までに四徳大橋を挟んで東西に2本の二車線トンネルを新設し、渋滞緩和を図る。同社は式後、リニア本体に関する大鹿村の工事説明会を9月7日に開く日程案を示した。

 0・9キロのトンネルを掘削する西下と、1・2キロを掘る四徳工区のうち、西側の四下工区の県道沿いに設けた施工ヤードで神事。JRや県、地元自治体、2つの共同企業体(JV)の関係者ら約30人が出席し、安全を祈願した。

 澤田部長は式後に会見し、「道路を利用する人の安全を第一に、計画どおり工事を進めたい」と強調。同県道改良促進期成同盟会長の柳島貞康大鹿村長は「長年、改良をお願いしてきており、安全に通行できる道ができることを非常にうれしく思っている」と語った。

 県道は大鹿村内で発生した残土を松川町生田を候補地とする発生土置き場に運び出す経路で、ピーク時には1日1350―1736台の工事用車両が通る。改良は渋滞緩和対策の一つで、両トンネルの新設の他、小渋ダム下流の5カ所の拡幅も予定している。

 トンネル工事の総事業費は60億円程度で、うち県が25億円余を負担、残りはJRが支出する。来年1月ごろからトンネル工事を始める予定で、本体工事で発生する土は大鹿村内に仮り置きし、県道改良の完了後に搬出する。

 澤田部長はまた、南アルプストンネル(総延長25キロ)の長野工区(約8・4キロ)の本体工事に関する工事説明会を、7日に大鹿村で開く方向で村と調整する考えを示した。

 工事用車両の運搬やトンネル掘削に伴う自然環境への影響を懸念する村民の声に応じたいとした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37

オケ友、10周年迎え「考える会」開く 成果や方向性探る

1月15日月曜日15:31

飯田市下瀬で星火会を開く

1月13日土曜日13:44



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号