リニア用地買収は早くて2018年度

リニア中央新幹線

[ 2017年 5月 19日 金曜日 15時10分 ]

  飯田市議会リニア推進特別委員会が18日に市役所であり、市はリニア中央新幹線の県内駅(上郷飯沼・座光寺)周辺の用地買収の交渉時期として「早くて2018年度から19年度になる」との目安を示した。

  移転対象者へあっせんする代替地候補地の5エリア(上郷3、座光寺2)についても地権者との交渉を進め「なるべく本年度中にはエリアを確定したい」と説明した。

  市は今月8日から27日まで、リニア駅ができる飯沼北条地区の382世帯を対象にした個別相談会を開いており、移転先の意向などを聞いている。状況報告によると、17日までに52世帯の参加があり、相談者からは移転先や建て替えの判断材料となる補償額を「早く示してほしい」の声が多く出ているという。

  市はJR東海が9日に開始した幅杭の設置作業が終わる今夏以降に、移転対象の地権者らによる「用地関係者組合」の準備会を立ち上げてもらい、年度内から来年度にかけて組合を設立してもらう流れも説明。組合と土地評価額などを協議した上で、個別の補償額算定に入るため「用地交渉は早くても18年度から19年度にかけてになる」との見通しを示した。

  一方、移転対象者向けの売却・貸与土地の情報を募る市の代替地登録制度については、17日現在で127件(宅地30件、農地など97件)の登録があるという。公開時期は「リニア関連の事業ごとに不公平が出ないよう考えている。1年以内には厳しい」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37

オケ友、10周年迎え「考える会」開く 成果や方向性探る

1月15日月曜日15:31

飯田市下瀬で星火会を開く

1月13日土曜日13:44



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号