リニア見据えたまちづくり講演会開く

リニア中央新幹線

[ 2020年 1月 29日 水曜日 15時26分 ]

 リニア中央新幹線建設促進長野県協議会とリニア伊那谷自治体会議は29日、飯田市座光寺のエス・バードで「リニア開業を見据えたまちづくり講演会」を開いた。パネル討議では飯田、駒ケ根、伊那市の青年会議所(JC)の代表者が、まちづくりの視点から意見交換。多様な選択肢や機会の広がりに期待しつつ、利活用上の課題にも言及した。

 飯田青年会議所リニア時代研究室の阿部俊平副理事長と伊那商工会議所の熊谷沙織さん、駒ケ根青年会議所の新井亮太理事長の3人が登壇。公民連携を企画推進する「オガール」(岩手県)社長の岡崎正信さんが進行し、「リニア開業を見据えた魅力あるまちづくり」をテーマに議論した。

 それぞれの活動紹介の中で、阿部さんと熊谷さんは、リニアを実際に利用することになる子育て世代、若者に当事者意識を持ってもらう必要性を強調。このうち、阿部さんは飯田市から東京都内の大学に通う生活スタイルの例を示し、リニア開業により「若者が生きていく上での選択肢が広がる」との見方を示した。

 熊谷さんは商工会主催のイベントで親子連れを対象としたアンケート調査の結果などから、「車社会で生活する住民からは関心が薄く、『三遠南信道の方が利用する機会があるのでは』という声もあった」と話した。

 一方で新井さんは「リニアは自分たちの力が及ぶ分野ではない」とし、駒ケ根の青年会議所では開業に向けた取り組みを行っていないことを明らかにした。また、リニア開業の影響について「日帰りできるようになり観光客の数は増えるが、客単価は下がりそう」と述べた。

 岡崎さんは、自身が岩手県紫波町のまちづくりに関わった経験から「行政の力で街の活性化はできない。行政の役割はやる気のある民間のために、やりたいことをできるよう制度を変えてあげること」と指摘。集まった3市の議員や行政関係者に理解を促し、「リニアのスピードを表現する時に東京から、名古屋から何分ではなく、飯田から何分と言わせる街になってほしい」と期待を寄せた。

◎写真説明:魅力あるまちづくりをテーマにパネルディスカッション

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞