リニア飯田駅設置推進協議会がセミナー開く

リニア中央新幹線

[ 2010年 3月 16日 火曜日 8時47分 ]

 民間80社でつくるリニア中央新幹線飯田駅設置推進協議会(会長=宮島八束飯田商工会議所会頭)は13日、飯田市鼎で開いた夢のリニア中央新幹線セミナーで、リニア飯田駅の実現に向けて市民募金を開始することを発表した。個人・企業が定期預金などを積み立てる「南信州リニア預金」と、家庭などで行う「1日10円貯金」を展開し、駅建設費や周辺整備の一部に充てる。

 昨年3月から開いているリニアセミナーの第4弾となった今回は、350人の市民が参加。法政大学大学院の黒川和美教授(公共経済学)の講演と、市内4地区のまちづくり委員会会長らによるシンポジウムを通じ、リニア飯田駅を見据えた地域づくりについて考えを深めた。

 市民募金の詳細は、宮島会長が壇上で説明。趣意書を配布し、「飯田駅設置には、350億ともいわれる大金が必要とされている。多くの市民のみなさんにご協力いただきたい」と呼び掛けた。

 募金の形態は2通りあり、いずれも個人や企業、団体を対象にしている。

 「南信州リニア預金」は、将来の寄付を前提に、個人や企業が金融機関に定期預金などの口座を設けて積み立てを進める運動。ゆうちょ銀行を除く飯伊の6金融機関が協力し、15日から取り扱いを始める予定。預金者には、通帳に張ることができるリニア預金のシールが配られる。

 「1日10円貯金」は、各家庭や企業が1日10円ずつ貯金をする運動。希望者にはリニア車両を模したクラフト貯金箱を有償配布(1個1500円)し、協力を求める。

 独自の積み立てをはじめた市や南信州広域連合と役割を分担し、企業や個人を対象に実施することで、リニア誘致への市民熱の高まりにも期待を寄せる。

 宮島会長は「飯伊の将来のため、多くの方にご協力をいただきたい」と話していた。

 南信州リニア預金や1日10円運動に関する問い合わせは、推進協事務局の飯田商工会議所(電話0265―24―1234)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02