リニア駅周辺整備の市民説明会開く 眺望確保やアリーナ要望

リニア中央新幹線

[ 2017年 1月 20日 金曜日 15時39分 ]

リニア駅周辺整備の市民説明会

 飯田市は19日夕、市内上郷飯沼・座光寺境に設置されるリニア中央新幹線県内駅の周辺整備に関し、基本計画の策定に向けた市民説明会を市公民館で開いた。昨年12月下旬に公表した整備方針のコンセプト4項目をはじめ、駅の南北に交通広場や立体駐車場などを配置したイメージ図案を解説。参加者からは眺望の確保や周辺町村との連携協議、スポーツアリーナの設置などへの要望が出た。

 16日夜の上郷飯沼北条地区に続き、2回目の市民説明会。高校生を含む市民や飯田下伊那の行政職員、議員ら約200人が出席した。市や検討会議の部会長らが整備方針を説明し、質問や意見に答えた。

 コンセプトのうち、「機能的でコンパクト」では利便性や快適性、「伊那谷らしさ」では眺望や地域の魅力・情報発信機能などを重視。イメージ案は、周辺の地形の高低差や進入路の接続方法も考慮し、立体駐車場や交通広場、魅力発信施設などの配置パターンが異なる2案で特徴を伝えた。

 出席者からは「駅から降りてすぐに天竜川方面(南アルプス)の視界が遮られることは避けるべき。斜面を生かした地下駐車場はどうか」の声が出た。部会長の1人は「地下駐車場とするまでの傾斜ではないため、コストとの兼ね合いとなるが、現実的には厳しいのでは」と指摘。佐藤健副市長は「景観で阻害感が出ないよう(今後に)検討を深めたい」と答えた。

 飯田女子高校の生徒2人は「観光客に向けて地域文化を発表できるステージや、大きなライブ、スポーツイベントが開けるアリーナがほしい」「南側に芝生公園や野外劇場があるといい。地元の学生なども利用できるカフェ的スペースもどうか」などと提案。佐藤副市長はアリーナについて「リニア駅のすぐは面積的に難しいが、南信州広域連合として検討していく」と受け止めた。

 このほか、参加者からは「三遠南信道とのアクセスが計画や図面に表れていない。周辺町村の意見も聞いてほしい」「駅というよりローカル空港の視点に立ち、動線のコンパクト化を図るべき」「地元の商業・サービス業者が出店できるよう分かりやすい情報発信を願う」「伊那谷らしさの定義をしてほしい」などの要望が出た。JR飯田線への乗換新駅について「市のまちづくりとの関連がなく、遊離している」の指摘もあった。

 駅周辺整備の基本計画は年度内に素案をまとめ、5月ごろに成案化する。説明会の総括で佐藤副市長は「できるだけ市民らと(検討)プロセスを共有し、計画を進めていけるよう、今後もこうした説明の機会を設けたい」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52