南信州広域連合がリニアの意見書提出へ

リニア中央新幹線

[ 2013年 10月 21日 月曜日 15時31分 ]

 南信州広域連合会議は18日、根羽村老人福祉センター「しゃくなげ」で開き、リニア中央新幹線の環境影響評価準備書に対し、同広域連合議会と連名でJR東海に意見書を提出することを確認した。住民生活に関わる事項を中心に、広域的な課題の位置付けでまとめる方針。

 同社は今月上中旬に準備書の説明会を県内7市町村で計12回開催。同広域連合事務局は現在、該当市町村から受けた説明会の報告内容の集約を進めている。意見書はその内容も踏まえ構成市町村とも調整した上で、11月5日の正副連合長会議で最終確認し、同日中に同社へ提出する。

 同広域連合事務局の渡邉嘉蔵参事は「内容は検討中だが、水資源や生活環境の関連がメーンになるのではないか」と指摘。「重要事項を精査し、地域全体の課題ととらえて取り組んでいきたい」と話した。状況に応じて、県やルート沿線の木曽広域連合、上伊那郡中川村などとも連携して対応していく。

 意見書に関しては、リニア中央新幹線建設促進飯伊地区期成同盟会が28日の臨時会で提出に向けた協議を見込む。同広域連合事務局は「期成同盟会の内容も踏まえて最終調整していきたい」としている。飯田市や大鹿村、豊丘村など沿線の自治体も意見書の提出を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞