大鹿村の釜沢地区でリニア懇談会

リニア中央新幹線

[ 2018年 5月 23日 水曜日 15時11分 ]

002rinianozokiyama

 最難関工事とされるリニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)で、JR東海は22日夜、リニア本坑につながる作業用トンネル(非常口)のうち「除山(のぞきやま)非常口」がある大鹿村の釜沢地区で、住民対象の懇談会を非公開で開いた。関係者によると、作業用トンネルの掘削について、夜間の試験発破を24日にも実施したいと提案した。ただ住民からは反対の声が上がり、JR側は検討し直す考え。

 除山非常口(1・9キロ)は昨年4月に、県内で初めて掘削工事に着手。同11月に重機による掘削を再開し、同12月から火薬を使った発破掘削を始めた。これまでに200メートル程度まで掘削が完了。発破は、現在は午前8時から午後5時までの間に行っているが、昼夜の発破を基本としており、この日は夜間の発破工事に向けて試験的な実施を提案した。

 JR側は試験後、住民らの意見を聞いた上で夜間の発破工事を本格化させたい意向。

 村内では非常口が4カ所に計画される。4つの非常口を順次掘り進め、南ア関連は3カ所の掘削終了後、地質や出水の状況を見るため本坑に並行して先に掘り進める「先進坑」の掘削に取り掛かり、その後本坑を掘る。このうち小渋川非常口(1・1キロ)は500メートル程度掘り進んだ。釜沢非常口(0・3キロ)は今年4月の掘削を予定していたが、保安林指定の解除など行政手続きに遅れが出て、計画がずれ込む見通し。

  

関連の注目記事

powered by weblio