帰省者にリニア募金協力求める

リニア中央新幹線

[ 2010年 8月 16日 月曜日 8時57分 ]

 リニア中央新幹線飯田駅設置推進協議会(会長=宮島八束飯田商工会議所会頭)は、盆の帰省者に飯田駅設置に向けた市民募金への協力を求めている。募金者に配布するオリジナルグッズも完成。誘致に関する資料などを展示しているリニアサロン=飯田市知久町=への来場を呼び掛けている。

 「キャンペーンに参加し、リニア飯田駅の設置を願う古里の思いを共有してほしい」と推進協事務局の熊谷秀樹さん。7月1日の受け入れ開始から、1カ月半で30件の募金があり、募金額は20万円を超えたという。

 すべての募金者を「リニアサポーター」と位置づけ、1000円以上の募金者にリニアボールペンを、5000円以上にはリニアタオルを贈るが、タオルの希望が多いためか「5000円以上を募金する人が多い」という。

 このほど、特製タオルが完成し、サポーターに郵送。黄色地にリニア車両をデザインし、市民募金運動のキャッチコピーにしている「輝く未来へ」の文言を記した。

 リニアサロンでは、これまで作成してきたさまざまな啓発物を展示中で、飯田駅実現に向けて取り組む飯伊の歩みを新聞記事で紹介している。

 また、国土交通省が行っているリニア計画に対するパブリックコメントへの意見募集も会場内で実施中。推進協が意見をまとめ、提出するという。

 リニア募金の受け入れ口座は次の通り(いずれも普通預金)。▽八十二銀行飯田支店(573748)▽飯田信用金庫本店(4895198)▽長野銀行飯田支店(8520003)▽長野県信用組合飯田支店(8332236)▽みなみ信州農業協同組合飯田支店(0012031)▽長野県労働組合(9721512)。

 募金に関する問い合わせは口座のある各金融機関の窓口または、飯田商工会議所(電話0265―24―1234)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞