村道改良 10月中に着手へ

リニア中央新幹線

[ 2020年 10月 1日 木曜日 15時49分 ]

 JR東海は9月30日、「リニア中央新幹線建設工事に伴う工事車両の通行等に関する確認書」を阿智村、鉄道建設・運輸施設整備支援機構と結んだ。同社広報部は、村内で工事をする中央アルプストンネル「萩の平・広瀬工区」(7・2キロ)に係る村道改良工事について、「準備が整い次第、10月中にも工事を開始する」とした。

 同工区のうち、阿智村内中心の東側3・9キロが対象。準備工事の開始は事実上の着工となる。

 8月の阿智村リニア対策委員会でJRが示した計10条の確認書案の一部を修正し、結んだ。工事用車両の通行路となる村道1―20号改良拡幅工事を含め、工事車両の通行経路や安全対策などを明記。村によると、リニア対策委員会や村民からの意見を踏まえた。

 資機材運搬車両の通行は午前8時から午後6時までを基本とし、通学時間帯には交通誘導員を配置するなど安全対策を徹底。日曜日や年末年始などの長期休暇期間中は通行しない。地域の行事・イベントなどに支障が生じると予想された場合は配慮に努める。

 この他、配慮事項などの項目も盛り込んだ。JRは確認書の締結後、施工ヤードや資機材仮置き場を伐採・造成する準備工時に着手し、拡幅用地が取得でき次第、順次工事を進めるとしている。

 村道1―20号では、萩の平非常口までの約3キロの区間を幅6メートル以上に拡幅する。改良後は村道沿いの同非常口から北に約1・9キロの斜坑を掘り、西方向に山岳工法のNATMで本坑を掘削する。

 残土は同村道を利用して運び、工事用車両は1日最大360台(往復)。当初は2月に着手する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で遅れた。

 熊谷秀樹村長は「結んだ確認書の内容や地域の思いを踏まえ、安心安全を担保しながら工事を進めてほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞