松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

リニア中央新幹線

[ 2018年 10月 13日 土曜日 14時01分 ]

説明会であいさつする深津町長

 松川町が上片桐地区に建設を望んでいるリニア中央新幹線の「ガイドウェイ」関連施設で、町は12日夜に開いた地権者・地元関係者説明会で、ガイドウェイの候補地申請を取り下げる方針を明らかにした。農地法のハードルが高く「断念せざるを得ない」とした。

 この日、深津徹町長、吉澤澄久副町長らが出席し、深津町長は「ご迷惑、ご心配をおかけし大変申し訳ない」と陳謝した。

 当初は農振除外が可能な「第2種農地」とみていた候補地が、県との協議で生産性の高い「第1種農地」に該当する可能性が高いことが分かり、町は「農地転用は難しい」と判断した。

 町担当課は取材に「候補地を挙げる段階の最終判断が甘かった」と答えた。

 候補地は中央道松川インターに近い県道沿いの農地約7ヘクタールで、町の「松川インター企業団地」に含まれる。企業誘致の当初構想については、農振除外ができる可能性がある農村産業法や地域未来投資促進法の適用を考える中で「企業を誘致したい」とした。

 説明会に出席した22人からは厳しい声が相次ぎ、「農業を続けて良いのかどうか。早く結論を出してほしい」といった声も上がった。

 町は企業誘致を目指していたが具体化せず、ガイドウェイ関連施設の用地として2016年に県を通じてJR東海へ情報提供した。JR側は借地契約と、残土の受け入れを条件として町側に提案。約7ヘクタールを残土で盛り土した後、ガイドウェイ組み立てや保管を行う施設の用地として、うち約3ヘクタールを使用するとしていた。

 用地造成の盛り土にはリニア工事で発生する残土約20万立方メートルを使う計画だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)