町中心部の通行に懸念

リニア中央新幹線

[ 2020年 12月 26日 土曜日 13時17分 ]

 松川町リニア中央新幹線工事対策委員会は25日、町役場で開き、JR東海が大鹿村から搬出する残土の運搬経路について進行中の協議経過を示し、委員の意見を求めた。松川インターチェンジを利用する残土運搬車両が、町中心部の県道松川インター大鹿線を通る。町道古町境の沢線と片桐松川沿いの町道護岸線への分散経路が示されたが、懸念の声が相次いだ。

 意見交換で町商工会は「商店街、役場、小中学校がある町の中心部を極力通ってほしくない。片桐松川沿いに道路を新設・改良して通ってもらいたい」と要望。JAみなみ信州は「松川ICは秋の観光シーズンになると常時でも渋滞する」と懸念を伝え、大島区は「片桐松川沿いに専用道路を設けて通行してほしい。インターも分散してもらいたい」と求めた。

 他の委員からは、運搬車両が急勾配(こうばい)な道路を登坂するため、渋滞や排気ガスを心配する意見、交差点など危険箇所を指摘する声が上がった。

 大鹿村から搬出される残土の運搬車両は、来年度下半期以降に1日最大450台(片道)、2023年度以降に1日最大550台(同)となる見込み。

 JRは、残土を活用する伊那市への搬出で中央道を経路にする計画。松川ICの利用を想定し、8月から地元代表者との打ち合わせを続けてきた。

 10月下旬からは各地域で説明会を開催。これまでに沿線5地区などを対象に9回開き、256人が参加した。年明けにも2回開き、一巡を終える。

 JRは住民からの要望を踏まえた対策案をまとめ、2月以降に計画する2巡目の説明会で示す予定。分散化により町内を通行する台数の削減も検討しているとした。

 上伊那方面へ運ぶ車両は「中川村渡場交差点から北上するルートができないか中川村や県と調整を進めている」とした。また、前河原道路や他の残土活用先を設けることで下小松川橋交差点から南下するルートにも分散できるとした。

 町も並行して要望事項をまとめ、JRに提出する方針。通行台数削減やインフラ整備のための残土活用先を探している。宮下智博町長は「場所名は出せないが候補地は複数ある」とし2月の次回委員会で示すとした。

◎写真説明:松川町のリニア対策委員会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞