阿部知事とJR社長がトップ会談

リニア中央新幹線

[ 2017年 5月 27日 土曜日 14時33分 ]

001知事

 リニア中央新幹線計画をめぐり、阿部守一知事とJR東海の柘植康英社長は26日、名古屋市のJR本社で「トップ会談」をした。知事は飯田下伊那地域の首長らの声を踏まえ、JR現地事務所の態勢強化を要請。柘植社長は7月の定期異動で長野県担当の社員を5人増の48人とする方針を示した。

 トップ会談は1月に続いて2度目。冒頭を除いて非公開で行い、終了後、知事が取材に応じた。

 現地事務所の態勢強化は、柘植社長が飯田市にある長野工事事務所の担当社員を4人増の12人、本社の担当を1人増の24人とする考えを示したという。

 同社によると、市町村との連絡調整の強化が目的。6人を配置している同事務所大鹿分室などの人数は変えず、他も含めた長野県担当の総数は48人となる。

 知事は「踏み込んで具体的な人数を示してもらったことは成果」と強調。大鹿村のトンネル掘削開始の連絡の遅れを挙げて「できるだけ早い対応を求めた」とし、柘植社長からは「改善するといった前向きな趣旨の回答があった」とした。

 知事は他に、飯田線や中央西線の活性化に対する協力も求めた。

 柘植社長からは飯田線の活性化について「地元でもっと盛り上げてほしい」とする要望があったとし、「地域としても、どう生かすか考える必要がある」と話した。

 冒頭のやりとりで知事は「南信州の首長から思いを聞いた。JRの対応を評価している点、さらに改善、工夫をしていただきたい点がある」と指摘。柘植社長は「工事が始まり、安全や地元との緊密な連携がますます大事になる。しっかり取り組む」と述べた。

 17日に飯田市で開いた知事と飯伊市町村長との懇談会では、自治体や地域住民の要望、質問に速やかに対応できるJR現地事務所の態勢強化と、情報共有の徹底などを求める声が出ていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37

オケ友、10周年迎え「考える会」開く 成果や方向性探る

1月15日月曜日15:31

飯田市下瀬で星火会を開く

1月13日土曜日13:44



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号