飯田市ビジョン検討委が観光振興の柱議論~リニア時代を見据えて~

リニア中央新幹線

[ 2013年 12月 18日 水曜日 12時40分 ]

 リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通を見据えた飯田市観光振興ビジョンの策定検討委員会(座長・佐藤博康松本大学教授)が16日、同市高羽町の飯田文化会館であった。観光関係者による委員8人が出席。観光振興の柱に見据えた6項目のうち、地域の観光業に関する市民意識や望ましい市場、観光資源などについて意見を交わした。

 市観光課によると、市の中長期的な観光振興指針は初めてで、市民意見も取り入れながら来年度中の策定を見込む。ことし9月に市から同市産業振興審議会に策定が諮問され、同審議会が策定検討委に原案の作成を求めた。検討委は市内の観光協会や商工会議所、旅館組合の代表者や有識者ら9人で構成する。

 16日の協議のうち、望ましい観光事業のあり方をめぐっては「(大規模な団体旅行客など)マスツーリズムを切り捨てるわけにはいかないが、京都のように物見遊山とはいかない」「何回も来てもらえるための中身の工夫が大切」などの意見が出た。

 佐藤教授は県内の外国人観光客が年間1000万人に達し、東京五輪がある2020年には2倍を超す見通しを示し「東京だけでは容量オーバーで、積極的に受け入れるべき。外国人が必ず乗りに来るリニア時代の準備にもなる」と指摘。観光業者だけでなく、観光客を迎える市民意識の醸成を期待した。

 観光資源については、魅力や対象などに応じた区分けに基づき、委員各自が来年1月中旬ごろまでにまとめることにした。次回は来年1月下旬に▽観光資源の商品化・提供するためのスキルテクニック▽地域人材の参加とネットワーク、能力開発―の2つの部会に分かれて議論を深める。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞