黒川の置き場調査へ 阿智村リニア対策委が県へ情報提供

リニア中央新幹線

[ 2017年 5月 23日 火曜日 15時47分 ]

阿智村のリニア対策委員会

 阿智村のリニア対策委員会(稲垣孝光会長)は22日開き、阿智村清内路の黒川上流域の発生土置き場候補地8カ所について、県へ情報提供する方針を決めた。8カ所は県からJR東海に通知し、清内路での住民説明会や地権者への説明を経て詳細な調査に入る。

 対策委員会は、清内路の村道1―20号や国道256号を通行する土砂運搬車両の台数を削減するため、斜坑(非常口)近くの黒川上流域で発生土置き場の候補地がないかJRに可能性を調査するよう求めた。

 JRは今春にかけて調査を行い、4月3日に「村内の黒川上流域8カ所に可能性がある」と報告。清内路自治会リニア対応代表者会や村道1―20号地権者利用者の会と協議し「詳細な調査を進めてよい」との回答があった。

 対策委員会では、黒川上流域の候補地に沢筋が多いことから「平地など他の安全な場所もあるのでは」という地元での協議も伝えられた。稲垣会長は「今回は8カ所のみを伝える。より安全な適地を報告してもらえれば検討していきたい」と話した。対策委員会と村は、住民生活の安全と環境の保全を第一に進めていくことを確認した。

 黒川上流域の発生土置き場候補地8カ所は地権者の了承を得ていないことなどから公表されていない。想定される最大の容量は村内で発生する土の全量を受入れ可能だが、安全性や実際の容量、受入れの可否は全くの不透明で、村側は「実際に調査してみないことには分からない」としている。

 村道1―20号は、2車線化や歩道の設置などの地元要望を受けて6月まで測量が行われている。その後、対策委員会などと協議しながら、設計に入る見通しだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞