7月豪雨が工事に影響

リニア中央新幹線

[ 2020年 9月 30日 水曜日 15時25分 ]

 大鹿村のリニア連絡協議会が9月29日に開かれ、JR東海や県飯田建設事務所、中部電力パワーグリッドが関連事業の状況を伝えた。各工事とも7月豪雨の影響を受けており、南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)では、釜沢地区の地すべりで同月から釜沢、除山非常口の掘削を休止している。県道松川インター大鹿線の河川内道路の復旧は「遅くとも年内」(飯田建設事務所)。中電の送電線工事も豊丘村内のヘリポートへの林道崩落により、全体の工程を見直した。

 6月30日から7月13日にかけての総雨量が三六災害の1・4倍となる737ミリとなり、村内各地で被害が発生した。釜沢地区では県道赤石岳公園線と林道釜沢線を含む一帯で地すべりが発生。両路線とも仮復旧したが、現在も午後7時から午前5時までの夜間通行止めとなっている。

 県は地すべりを安定化させるため、地下水位を下げる水抜きボーリング工事や法面下部の押さえ盛土を措置。JRは釜沢、除山の作業を休止し、被災した地すべり箇所やヤード内通路などの復旧工事を行う。掘削再開時期については触れず、再開時にはJRが関係者に通知するとした。

 小渋川非常口の本坑到達部から東側に掘り進める「先進抗」では、8月25日以降の掘削分から基準値を超えるホウ素が検出された。水溶性のため雨が当たらないトンネル内部に仮置きする。通常の残土とは異なる「区分土」として扱い、最終処分も水に溶け出さないよう特別な措置をする。

 工事車両が大河原中心部の通行を避ける小渋川左岸の迂回路は7月30日に供用を開始した。

 伊那山地トンネル青木川工区(3・6キロ)の青木川非常口では、7月17日にトンネル掘削を開始。深ケ沢地籍の発生土置き場は8月末から準備工に入り、準備が整い次第運搬を開始する。

河川内道路復旧は年内
松川インター大鹿線

 県道松川インター大鹿線の迂回路として5月11日に供用した河川内道路は、被災により7月1日から通行止めが続く。県飯田建設事務所は「復旧は遅くとも年内」とする。

 道路決壊4カ所のうち3カ所は県が施工、上流部の半の沢地籍は国交省天竜川ダム統合管理事務所が施工する。復旧にはリニア残土を活用する。

 半の沢地籍では、決壊箇所を迂回するよう道路を付け替える他、新たに砕石ヤードを設ける。復旧工事や飯田市代替地整備で、粒の細かい残土が必要なため。

 飯田市に搬出する車両とは別に、大鹿村内から砕石ヤードまでの残土運搬(片道で1日最大50台)を予定する。

 飯田市代替地整備の残土搬出は、河川内道路が使用できなくなった7月以降、現道を通行。当初予定の半分となる片道1日最大50台に制限している。

 飯田市は当初、搬出完了を来年1月と予定したが、見通しがつき次第、次の残土活用を予定する喬木村と調整の上で報告するとした。

ブナ保護訴えも
送電線工事

 中部電力パワーグリッドが手掛ける送電線工事では、7月豪雨被災で全体の工程を見直し、村内3基の鉄塔の工程を1~2年先送りした。

 送電線工事で伐採が検討される大西山村有林内にあるブナの巨木2本については、村民有志が伐採延期・中止を求める署名活動を展開している。

 有志は8月17日に、村民100人弱を含む217筆の署名を提出。同日の連絡会でも、県内外から集めた追加の署名767筆と県外の賛同団体による335筆を中電とJRに提出した。今後もオンライン署名などの活動を展開する。

 中電は来年7月までは、ブナの巨木を伐採しないと回答している。呼び掛け人の谷口文子さんは「美しい自然を求めて移住した人もいる。ブナの木は破壊されたら取り戻せない自然の象徴。リニア建設そのものを中止してほしい」と話していた。

◎写真説明:大鹿村のリニア連絡協議会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ドーム菊で天龍峡を彩る

10月31日土曜日14:16

動きやセリフをプログラム

10月31日土曜日14:29

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞