リニア環境影響評価書を公告 JR東海

リニア中央新幹線

[ 2014年 8月 30日 土曜日 9時56分 ]

 JR東海は29日、リニア中央新幹線の環境影響評価書の最終版を公告し、飯田下伊那地域でも飯田市など関係市町村の11会場で縦覧を開始した。ホームページでも公開しているためか、各会場とも人の出入りは少なかった。縦覧期間は9月29日まで。

 環境影響評価法に基づき、7都県の156カ所に閲覧会場を設置。県内は沿線の市町村役場など15カ所で、うち11会場を飯伊に設けた。

 飯田市元町のJR東海環境保全事務所長野(太田垣宏司所長)では、1カ所の閲覧スペースを設けて社員が応対している。

 評価書の最終版は本編だけで約2000ページと厚く、資料や関連図を含めると約2900ページに及ぶ。

 評価書はルートの詳細や中間駅の位置、環境アセスメントの結果を記している。

 昨年9月に公表した準備書に対する知事意見や説明会・公聴会で寄せられた沿線からの意見を踏まえて修正した評価書を、環境相、国交相意見を踏まえて最終補正。長野県版は新たに▽発生土活用先の候補地情報▽大鹿村内の地形・地質調査結果の詳細▽大鹿村釜沢地区のミゾゴイ・ブッポウソウなどの調査結果▽猛禽類に対する環境保全措置―などを追記した。

 飯伊の縦覧会場は次の通り。県下伊那地方事務所、飯田市役所、市上郷自治振興センター、市座光寺自治振興センター、高森町役場、阿智村役場、同清内路振興室、喬木村役場、豊丘村役場、大鹿村役場、JR東海環境影響評価保全事務所長野。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞