JR東海がリニア走行試験再開時期を発表

リニア中央新幹線

[ 2013年 4月 19日 金曜日 9時06分 ]

 JR東海は17日、リニア中央新幹線でも本線となる山梨リニア実験線の延伸工事が順調に推移しているとして、年末に予定していた走行試験の再開時期を9月に前倒すと発表した。営業線での使用を想定した新型車両「L0(エルゼロ)系」を投入。一般向けの体験乗車は、一部の試験を終えた後に有料で再開する見通し。

 延伸工事は2008年5月に着工した。1997年3月に完成した山梨県大月市―都留市間の先行区間18・4キロを、東京側に7・8キロ、名古屋側に16・6キロそれぞれ伸ばして笛吹市―上野原市間の42・8キロとする計画。計19・1キロに及ぶ長短10カ所のトンネルを明り区間となる橋梁で結ぶ。

 先行区間でもガイドウェイと呼ばれる軌道の電磁コイルを最新型に付け替えた。

 同社によると、土木工事はすでに完了しており、4月からは都留市の車両基地内でL0の調整を進めている。6月以降は車両をガイドウェイ内に入れ、走行試験に必要な確認作業に入るという。

 新実験線では、超電導リニア技術のブラッシュアップと建設・運営・保守のコストダウンに取り組む。最長12両編成での走行試験も計画。有料を想定している一般向けの体験乗車の再開は、一部の試験を終えて性能を確認した後に行う。走行試験は16年末までの予定。

 同社が2027年の開業を目指している東京―名古屋間の総延長は286キロ。実験線は本線の一部となり、距離は全体の7分の1となる。

 同社は、今秋の準備書公告に向けて環境影響評価を実施している。13日には山梨県内で同県を対象にした中央新幹線計画の説明会を開き、環境影響評価の進ちょく状況や中間駅のイメージなどを示す。同県を皮切りに、長野県を含む沿線各都県で説明会を順次開催したいとしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15