JR東海が名古屋市にリニア・鉄道館をオープンへ

リニア中央新幹線

[ 2011年 2月 4日 金曜日 8時11分 ]

 JR東海は3月14日、リニア・鉄道館を名古屋市にオープンする。在来線から東海道新幹線、超電導リニアまで39両の実物車両を展示するほか、時速500キロを模擬体験できるリニア展示室などを備えている。

 最大の見どころは全部で39両に及ぶ実物の車両展示。世界最速を記録した高速鉄道のシンボルとして、2003年に山梨リニア実験線で時速581キロを出したMLX01形式のリニア車両、1996年に433キロを記録した新幹線試験電車300X、1954年に129キロを出した日本最大最速の蒸気機関車C62系を展示。懐かしい0系21形式新幹線電車や飯田線で活躍したモハ52形式電車なども見学できる。

 体験コーナーでは、最新鋭のN700系新幹線をはじめとする実物大の運転体験シミュレータや、日本最大面積210平方メートルにわたる模型を設置。鉄道のしくみを学ぶコーナーや、浮上や走行の原理を伝え、客室モックアップで時速500キロの世界を模擬体験できるリニア展示室も備えられている。

 入館料は大人1000円、小中高生500円、幼児(3歳以上)200円。開館時間は午前10時―午後5時半で、毎週火曜日が休館。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞