JR東海が大鹿村に確認書案を提示

リニア中央新幹線

[ 2016年 10月 17日 月曜日 15時31分 ]

 2027年の開業を目指すリニア中央新幹線で、JR東海は17日、南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の工事が行われる大鹿村を訪れ、柳島貞康村長に工事用車両の通行ルールや環境保全策などを盛り込んだ確認書案を提示した。村は18日に開かれる村議会全員協議会に報告し、近くJRと締結する見通し。

 同社の澤田尚夫・中央新幹線建設部担当部長ら3人が村役場に柳島村長を訪ねた。澤田部長は「我々としては着工に向けて進めたい」との意向を伝え、着工の前提と位置づける確認書案を手渡した。

 柳島村長は「出された内容をじっくり検討し、対応させていただく」と述べた。

 十数項目にわたる確認書は、村が9月23日付でJR側に提出した協議書をもとに、両者が下準備した。

 協議書は工事用道路の設置や改良のほか▽工事用車両の通行▽工事期間中のモニタリング調査▽生活・環境への影響対策▽福徳寺周辺の環境保全要望▽工事用道路や村道改良箇所の村の活用▽発生土の村内有効利用と村外候補地▽南アルプスユネスコエコパーク、中央構造線エリアジオパークへの配慮と工事中の協力▽リニア供用後の非常口の管理―の9項目。

 14日に開かれた2回目となる全村民対象の説明会後、JRは「着工の条件が整った」と判断。着工に向けて次のステップに進む考えを示していた。

 今後は確認書を締結し、実際の工事着手については村議会から出された意見書に基づいて村長と村議会(全8人)の同意を得た後となる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞