JR東海が猛禽類調査を前に事業者と打ち合わせ

リニア中央新幹線

[ 2011年 12月 6日 火曜日 9時37分 ]

 リニア中央新幹線計画でJR東海は、東京―名古屋間で行う環境影響評価のうち、猛禽類調査を6日から開始するのを前に5日、1都6県にJR東海が開設した環境保全事務所で、調査を請け負う事業者との打ち合わせを行った。

 長野県内では、JR東海が示す事業実施想定区域(概略ルート)にかかる8市町村(飯田市、松川町、高森町、大鹿村、喬木村、豊丘村、阿智村、南木曽町)の、計40―50地点で調査を実施。環境庁が定める「猛禽類保護の進め方」に従い、営巣期(12―8月)と非営巣期(9―11月)に分け、稀少猛禽類の生態や繁殖・営巣活動、個体種の特定、行動範囲などのデータを収集する。

 主な対象はイヌワシ、クマタカ、オオタカなど。営巣期には月に1、2回(1回の調査=3日間)、非営巣期には月に1回、上空が見通せる地点で、日の出後から日の入りまでの明るい時間帯に双眼鏡や望遠鏡を使った目視での定点観察を行い、営巣地の絞り込みや特定を目指す。最低でも2営巣期のデータが必要となるため、調査は2年がかりに。2014年の着工を目指す同社にとっては、ことし調査に着手することが必須条件だった。

 飯田市元町の環境保全事務所長野で行われた打ち合わせには、奥田純三所長ほか、環境アセスメントの専門知識を有する調査会社で、長野県内の調査を実施する復建エンジニヤリング(東京都)の社員らが出席。席上奥田所長は、「山間部の危険な場所での調査も予想される。調査員の安全管理には十分注意を。また、猛禽類の保護を優先し、営巣地が特定できた場合にもむやみに近づかず、繁殖に影響を与えないようにしてもらいたい」と声を掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞