JR東海 「リニア長野県駅」工事契約

リニア中央新幹線

[ 2021年 6月 25日 金曜日 15時46分 ]

 飯田市上郷飯沼で進めるリニア中央新幹線建設事業を巡り、JR東海は24日、新設する長野県駅(仮称、全長950メートル)の工事契約を清水建設(東京都)との間で結んだと公表した。工期は25日から2026年3月末まで。

 駅部区間は、昨年9月に工事契約の手続きを開始していた。施工業者が決定したことを受け、JRは具体的な施工方法を検討する方針。地元とも協議を重ね、秋以降に工事説明会を開く見通し。

 工区の東端は座光寺地区で、土曽川、国道153号をまたいでホームまでを高架橋と橋りょうで結び、西端となる風越山トンネルとの隣接部は切土して掘割区間とする。高架橋区間は約510メートル、橋りょう区間は約120メートル、土構造物区間は約320メートルとなる。

 構造物について、駅中央部のうち高架下利用スペース付近の構造物は幅40メートル、高さ19メートルで、県駅に止まる副本線側のフードは外から見える構造を検討する。

 高架橋区間、橋りょう区間、土構造区間に分かれる駅部は全て、四角いフードで覆う計画。座光寺側の駅東部のうち、土曽川に架かる橋りょう部の構造物は幅36メートル、高さ24メートル。一方、県道市場桜町線からJR飯田線までの駅西部は飯田線に向かって地盤面が高くなり、地表面に構造物を計画する。

 飯田市は駅の高架下の一部の利用を計画する。駅と一体的に整備する周辺整備(6・5ヘクタール)では土木の実施設計を進めており、用地協議や移転・契約の手続きを踏む。土木工事は2022年度、建築工事は24年度の工事着手を目指す。

 主要なアクセス道路の改良は県が関連事業として進める。国道153号飯田北改良(2・6キロ)、座光寺上郷道路(2・7キロ)、県道市場桜町線の3路線を整備する計画で、県駅南側の新戸川の河川改修については物件調査や測量が完了し、本年度の渇水期から工事着手する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞