「“村鳥さん”お帰りなさい」 天龍村へブッポウソウわたる

地域の話題

[ 2010年 5月 17日 月曜日 15時52分 ]

 国の天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種のブッポウソウが、ことしも天龍村にわたり、各所で美しい姿を見せている。ブッポウソウは近く繁殖期に入ると見られるため、村は巣箱などへの不用意な接近を避けるよう呼び掛けている。

 村鳥に指定して保護活動を続けている同村に、ことしもブッポウソウがわたった。3日に初確認。現在は天龍小学校の生徒たちが架けた巣箱に素材を運び込む姿が各所で見られている。

 今月末から来月上旬にかけてひながかえり、以降は頻繁に給餌をする親鳥の献身的な姿が見られるようになる。

 ブッポウソウは、夏鳥としてユーラシア大陸からわたる。ハトより少し小さく、青緑色の長くてしなやかな翼が特徴で、飛翔昆虫類を空中で捕食するため、高木や高い橋脚がある場所を好む傾向がある。

 県内では飯田下伊那地域や北信の一部など、限られた地域でしか姿を見ることができず、レッドデータブックに登録されている。

 コノハズクという小型のフクロウの鳴き声「ブッ、ポウ、ソウ(仏法僧)」が名前の由来の1つとされる。その声があまりにも優美なため、容姿が美しいブッポウソウのものに違いないとの勘違いから名付けられたという。本当の鳴き声は「ゲッ、ゲッ、ゲッ」。一方、コノハズクの容姿はブッポウソウに遠く及ばない。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞