「おもしろ科学大実験」ショーやワークショップを

地域の話題

[ 2016年 5月 9日 月曜日 11時05分 ]

おもしろ科学大実験 飯田市出身のサイエンスプロデューサー・後藤道夫さんとおもしろ科学工房の「おもしろ科学大実験」が7、8の両日、飯田市丸山町のかざこし子どもの森公園おいで館で開かれた。楽しみながら科学を体験するワークショップやサイエンスショーなどを開催した。

 

 毎年ゴールデンウイークの時期に開催し、14回目を迎える。初日の7日には、科学工房スタッフによるサイエンスショーや、大気圧を利用したドラム缶つぶしの実験など、多彩なイベントを開催。開場から続々と家族連れや子どもたちが来場した。

 

 ショーの前後には、「バルーンスライムを作ろう」「飛行機凧を飛ばそう」「ブーブー笛を作ろう」など、さまざまなワークショップや展示ブースを設置。子どもたちは巨大なシャボン玉の中に入ったり、ソーラーカーを走らせたりと、楽しみながら各ブースを回った。

 

 「わっかとりペン落とし」は、ペットボトルの口に載せたリングの上にペンを立たせ、リングだけをとってペットボトルの中にペンを落とす。子どもたちは集中しながらすばやくリングを取り去り、ペンを落とすことに成功すると「やった」「すごい」などと歓声を上げていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号