ショーやワークショップ楽しむ おもしろ科学大実験

地域の話題

[ 2016年 5月 9日 月曜日 11時05分 ]

 飯田市出身のサイエンスプロデューサー・後藤道夫さんとおもしろ科学工房の「おもしろ科学大実験」が7、8の両日、飯田市丸山町のかざこし子どもの森公園おいで館で開かれた。楽しみながら科学を体験するワークショップやサイエンスショーなどを開催した。

 毎年ゴールデンウイークの時期に開催し、14回目を迎える。初日の7日には、科学工房スタッフによるサイエンスショーや、大気圧を利用したドラム缶つぶしの実験など、多彩なイベントを開催。開場から続々と家族連れや子どもたちが来場した。

 ショーの前後には、「バルーンスライムを作ろう」「飛行機凧を飛ばそう」「ブーブー笛を作ろう」など、さまざまなワークショップや展示ブースを設置。子どもたちは巨大なシャボン玉の中に入ったり、ソーラーカーを走らせたりと、楽しみながら各ブースを回った。

 「わっかとりペン落とし」は、ペットボトルの口に載せたリングの上にペンを立たせ、リングだけをとってペットボトルの中にペンを落とす。子どもたちは集中しながらすばやくリングを取り去り、ペンを落とすことに成功すると「やった」「すごい」などと歓声を上げていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞