「ひらひら平谷」プレオープン

地域の話題

[ 2019年 7月 27日 土曜日 13時52分 ]

 乳幼児から高齢者までの多世代が集う交流拠点を目指し、「ひらひら平谷」が平谷村でプレオープンした。「みんなでつくるみんなの居場所」を理念に、住民のアイデアを取り入れながら、地域住民の居場所として施設の充実を図る。

 同施設は、遊びや体験から自主性を育てる村教育委員会の「平谷キッズビレッジプロジェクト」の一環として、寿楽センターを改修した。仕切り付きの机を並べた「学習スペース」、手製の木のおもちゃや卓球、ボードゲームなどで遊べる「フリースペース」の他、和室や外庭などを備え、村地域おこし協力隊員の女性4人の事務所も兼ねる。

 今後はプログラミング教室や大学生との交流など、村教委や協力隊が主催するイベントなどを同施設で実施する予定。

 運営に携わる協力隊員の鈴木温未さんは「これまで児童館のような放課後に子どもが集まる場所がなかった。その替わりになるとともに屋内型の公園のような遊び場にしたい」、中尾有岐さんは「小さい子どもを持つ母親が集まって親睦を深めたりと、色々な人たちが交流する場所にできたら」とそれぞれ話していた。

 開所時間は平日の午前9時から午後5時まで。問い合わせは同施設(電話090・4829・2211)へ。

◎写真説明:多世代の交流拠点「ひらひら平谷」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞