「シャイン」狩り開始へ

地域の話題

[ 2020年 9月 16日 水曜日 15時26分 ]

 高森町山吹のブドウ農家でつくる「南信州高森ぶどう狩り組合」(宮下優利組合長)は19日から、人気のブドウ品種シャインマスカットの収穫体験を開始する。今年は、バスツアー客の減少を受け、個人客も受け入れていく。

 種がなく皮ごと食べられるシャインマスカットは、全国的に人気が高まっている。同町では観光受け入れを始めて5年ほどになり、今年は感染防止対策を行った上で受け入れを継続。組合のうち4軒の農家が開園準備を進める。

 小平充雄さん(78)の農園では、果物狩り用のシャインマスカットがたわわに実っている。7月の長雨や8月の乾燥を受けて「若干粒が小さいものの出来はまずまず」という。

 「バスの台数も1台当たりの人数も少なくなると聞くが、今年も来てもらえることをありがたく思う」と話した。

 町営農支援センターゆうきの林幸雄所長は「バスツアーはあるものの人数的には例年より少ない。ここでブドウ狩りができることを知らない方も多いはず。ぜひ地元の皆さんに利用していただきたい」と呼び掛けている。

 シャインマスカット1房狩りで1人1500円。農園によって試食や土産物ブドウ販売などもある。ゆうきで受け付け後、各農園へ案内する。近くホームページも立ち上げる予定。事前予約制。問い合わせは、ゆうき(電話35・3044)へ。

◎写真説明:果樹園で実るシャインマスカット(高森町で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞