「シャイン」狩り開始へ

地域の話題

[ 2020年 9月 16日 水曜日 15時26分 ]

 高森町山吹のブドウ農家でつくる「南信州高森ぶどう狩り組合」(宮下優利組合長)は19日から、人気のブドウ品種シャインマスカットの収穫体験を開始する。今年は、バスツアー客の減少を受け、個人客も受け入れていく。

 種がなく皮ごと食べられるシャインマスカットは、全国的に人気が高まっている。同町では観光受け入れを始めて5年ほどになり、今年は感染防止対策を行った上で受け入れを継続。組合のうち4軒の農家が開園準備を進める。

 小平充雄さん(78)の農園では、果物狩り用のシャインマスカットがたわわに実っている。7月の長雨や8月の乾燥を受けて「若干粒が小さいものの出来はまずまず」という。

 「バスの台数も1台当たりの人数も少なくなると聞くが、今年も来てもらえることをありがたく思う」と話した。

 町営農支援センターゆうきの林幸雄所長は「バスツアーはあるものの人数的には例年より少ない。ここでブドウ狩りができることを知らない方も多いはず。ぜひ地元の皆さんに利用していただきたい」と呼び掛けている。

 シャインマスカット1房狩りで1人1500円。農園によって試食や土産物ブドウ販売などもある。ゆうきで受け付け後、各農園へ案内する。近くホームページも立ち上げる予定。事前予約制。問い合わせは、ゆうき(電話35・3044)へ。

◎写真説明:果樹園で実るシャインマスカット(高森町で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞