「ジングルライダー」が登場 伊賀良保育園で交通安全教室

地域の話題

[ 2017年 4月 25日 火曜日 15時40分 ]

横断歩道の渡り方を教わる(伊賀良保育園で)

 地域の安全を市民の力で守ろう―。住民有志でつくる「地域安全戦隊ジングルライダー」が24日、飯田市大瀬木の伊賀良保育園で園児160人と保護者を前に交通安全教室を行った。

 北方の木下英幸さん(43)を中心とした有志の取り組み。木下さんらバイク所有者らは「神来鈴(ジングルベル)」という名の活動で毎年クリスマスの時期にサンタクロースの格好をして地域各所で交通安全を訴える活動を行ってきた。7年目を迎えた今年は「年間を通じた活動をしたい」と新たにジングルライダーをスタートさせた。

 全園児と保護者を対象にした交通安全教室の場を借りて実施。サンタの修行をしているジングルレッドに扮(ふん)した木下さん。仲間とともに寸劇形式で横断歩道の渡り方を紹介し▽道路に飛び出さない▽道路で遊ばない▽横断歩道を渡る▽常に安全確認する―の4つを教えた。

 続いて全園児とともにオリジナルソングの交通安全の歌に合わせて踊り、実際に横断歩道を渡る練習をした。木下さんは「市民レベルで交通安全運動を盛り上げたい。子どもにも大人にも誰かを助けるヒーローになってもらいたい」と願いを込める。

 伊賀良保育園の渋谷章二園長は「分かりやすい形で子どもたちに教えてくれた。親子で話し合い交通安全を学ぶ一つのきっかけになれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞