「バルカン半島に幸せを」阿智村の加藤木さん4カ国公演

地域の話題

[ 2011年 2月 9日 水曜日 15時21分 ]

 阿智村伍和在住の加藤木朗(あきら)さん(43)率いる民俗芸能グループ「和力」が、欧州南東部のバルカン半島4カ国5会場で、11日から20日にかけて公演する。昨年の旧ユーゴスラビア3カ国公演に続いて要請を受けた加藤木さんは、紛争の傷跡が生々しく残る街で生きる人々の幸福と、死んでいった人々への鎮魂の思いを舞と演奏に込める。

 独立行政法人国際交流基金の文化芸術交流事業として、昨年2月から3月にかけてセルビア、スロベニア、モンテネグロの11会場で行われた公演は大好評。異文化を意識的に受け入れないとされるセルビアでも、祭り芸能をベースにした和力の舞台は熱狂的な拍手と声援で受け入れられ、関係者を驚かせたという。

 2回目となるバルカン半島公演は、セルビアにある日本たばこ海外事業部などの協力を得た民間主導の事業として、セルビアとボスニア―ヘルツェゴビナ、アルバニア、コソボで開催され、セルビア日本大使館の呼び掛けに応じた各国の大使館も開催に協力する。

 舞踊と和太鼓の加藤木さん、和楽器奏者の4人は、馬を使った田おこしや秋田・福島の太鼓をモチーフにした囃子(はやし)、だんじり囃子、津軽三味線と笛、箏(こと)の独奏と合奏などを90分にわたって披露する。

 関係者の熱意に応えた加藤木さんは「日本の芸能には、土地の幸せを願う思いと豊作の喜びが込められている。各国には不幸な歴史があったが、悲しい記憶がある人にこそ喜びはより深く理解してもらえるはず。これから幸せになってほしいという思いが伝われば」と話している。

 加藤木さんの海外公演はフランス、英国、イタリア、米国、韓国、昨年の旧ユーゴ3カ国に続いて7回目となる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞