「上村川にカジカを戻そう」 小学生が稚魚を放流

地域の話題

[ 2010年 9月 10日 金曜日 14時22分 ]

 飯田市上村小学校の児童16人が9日、学校の近くを流れる上村川にカジカとアマゴの稚魚を放流した。たくさんのカジカが生息していた昔の姿を取り戻そうとまちづくり委員会が企画。子どもたちは次々とバケツから放ち、「元気よく育って」と願いを込めた。

 昨年、一昨年に続き、市の地域環境美化推進モデル事業として上村まちづくり委員会が実施。上村自治振興センター前の河川敷で放流を行った。

 放した稚魚は安曇野市の養魚所で育った体長8センチほどのカジカ450匹と南信濃産で15センチほどのアマゴ700匹。バケツを抱えて委員らから十数尾ずつを分けてもらい、水に面して横一線に並んだ。

 教員の号令で一斉に放流。ゆっくりとバケツを返し、元気よく泳ぐ魚たちの姿を見守った。

 昭和40年代までは、カジカでいっぱいだったという上村川。いまも変わらず清流として親しまれているものの、一部の環境変化や乱捕獲などによって、その数は大きく減っている。

 「上村川の昔の姿を取り戻すとともに、地域の自然の素晴らしさを知り、親しむことで古里への思いを育ててほしい」(胡桃沢三郎会長)と、ま委が中心となって3年前から放流を継続。同会長によると、少しずつだが着実に増えはじめているという。

 児童会長は「元気に大きく育ってほしい」と川底へ消えていく稚魚たちに願いを込めていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞