「伝統野菜」地域で守る

地域の話題

[ 2020年 5月 16日 土曜日 13時41分 ]

 阿智村清内路の清内路伝統野菜保存会(櫻井道治会長)は15日、松沢地籍の圃場で苗の定植と生育棚の設置作業を行った。人工授粉による管理を行い、優良な清内路かぼちゃの選別を行う。

 清内路の伝統野菜は、各戸で自家採種されて伝えられていたが、交雑などにより本来の特徴が分からない状態になっていた。同会は清内路かぼちゃの品質統一と栽培技術の確立を目指して2011年から活動している。

 ことしは4月11日に種をまき、苗を生育。気温が0度以下まで下がった日が4日あり、一部が霜の被害を受けたものの、約680本が順調に生育した。残りの苗は20日ごろに旧清内路中学校近くの畑に植える予定だ。

 この日は会員11人が作業。畑に張ったマルチシートの穴に苗を植え、たっぷりと水をかけた。続いて、人工授粉をする部分に生育棚を設置。徐々に気温が上がる中、黙々と作業に汗を流した。

 それぞれの畝ごとに番号を振って厳格に管理していく。今後咲く花は自然交配を避け、6月中旬から7月に掛けて人工授粉を行う予定だ。8月末ごろに収穫し、形の良いカボチャを選んで種を採取する。

 櫻井会長は「栽培に関しては新型コロナウイルスの影響もほとんどない。今年も順調に育ってくれれば」と話していた。

◎写真説明:清内路かぼちゃの苗を植えうる参加者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞