「伝統野菜」地域で守る

地域の話題

[ 2020年 5月 16日 土曜日 13時41分 ]

 阿智村清内路の清内路伝統野菜保存会(櫻井道治会長)は15日、松沢地籍の圃場で苗の定植と生育棚の設置作業を行った。人工授粉による管理を行い、優良な清内路かぼちゃの選別を行う。

 清内路の伝統野菜は、各戸で自家採種されて伝えられていたが、交雑などにより本来の特徴が分からない状態になっていた。同会は清内路かぼちゃの品質統一と栽培技術の確立を目指して2011年から活動している。

 ことしは4月11日に種をまき、苗を生育。気温が0度以下まで下がった日が4日あり、一部が霜の被害を受けたものの、約680本が順調に生育した。残りの苗は20日ごろに旧清内路中学校近くの畑に植える予定だ。

 この日は会員11人が作業。畑に張ったマルチシートの穴に苗を植え、たっぷりと水をかけた。続いて、人工授粉をする部分に生育棚を設置。徐々に気温が上がる中、黙々と作業に汗を流した。

 それぞれの畝ごとに番号を振って厳格に管理していく。今後咲く花は自然交配を避け、6月中旬から7月に掛けて人工授粉を行う予定だ。8月末ごろに収穫し、形の良いカボチャを選んで種を採取する。

 櫻井会長は「栽培に関しては新型コロナウイルスの影響もほとんどない。今年も順調に育ってくれれば」と話していた。

◎写真説明:清内路かぼちゃの苗を植えうる参加者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞