「伝統野菜はなぜ残った」3カ国の研修生が清内路を視察

地域の話題

[ 2010年 10月 22日 金曜日 15時06分 ]

 農業に関連した遺伝資源を担当するスリランカとパキスタン、ミャンマーの国家公務員4人が20日、阿智村清内路で伝統野菜を栽培する農家2軒を視察し、種の保存方法、伝統野菜が残った経過と工夫などを学んだ。

 4人はJICA(独立行政法人国際協力機構)の研修生で、農業遺伝資源の収集、特性評価、保存、配布、情報公開を手掛けるジーンバンク(独立行政法人農業生物資源研究所、茨城県つくば市)で研修を受けている。

 清内路の伝統野菜は他品種との交配が進まずに受け継がれていることから、信州大学農学部の紹介で視察対象に。関係者たちは遺伝子的な強さにも興味を示している。

 この日はジーンバンクの研究員、JICA職員、信大農学部教授、通訳とともに清内路を訪れ、櫻井一芳さんと櫻井建樹さんから伝統野菜の特徴、品種ごとに異なる種の保存・越冬方法、他品種との交配を避けるための工夫、良い種を選ぶこつなどを聞いた。

 種の選別に造詣が深く、伝統野菜の漬物で県調理師会料理コンクールの県知事賞を受賞している櫻井一芳さん宅では、封筒や木箱を使った種の保存などを聞いてから畑も視察。「殺虫剤は使うか」「一般的な野菜と値段に差はあるか」などと熱心に質問を重ね、漬物も試食した。

 ジーンバンク主任研究員の奥泉久人さんは「日本の野菜は国外の遺伝資源に依存しているが、生物多様性条約で取り引きが難しくなっている。清内路での視察は、人と人のつながりを大切にしながら続いているもの。海外の担当者と誠心誠意交流し、助け合うことで、遺伝資源の交換もうまくいくはず」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞