「善意の川」を受け継いで 千代小児童がごみ拾い

地域の話題

[ 2012年 8月 25日 土曜日 14時57分 ]

 飯田市立千代小学校(河西敏夫校長)の全校児童57人は24日、「善意の川」の愛称で親しまれる谷沢川で河川清掃を行った。魚を見る川として4世代にわたり、守り続けられる「善意の川」。落ちているごみはほとんどなかったが、子どもたちは川遊びを通じて地域の人と自然の関わりを感じた。

 谷沢川はアマゴの原種が残る川。昭和30年代から魚を目で見て楽しみ、心豊かにすることを目的に法全寺と山中区の手により保護活動が続けられてきた。現在は県内でも珍しい永久禁漁区。河川清掃でも魚の隠れる岸辺のアシは残され、川沿いに手作りの親水公園も整備されている。

 千代小での河川清掃活動は1968年に始まり、ことしで43年目。昨年までは春夏の2回行われていたが、長年の愛護活動で河川に捨てられるごみがほとんどない状態が続いてきたことから、ことしから年1回に変更された。

 河川清掃には、子どもたちのほか、地元住民とPTAも参加。風で飛ばされたと見られるペットボトルやビニール袋などを拾ったものの、それほどごみも落ちていなかった。ごみ拾いの後は川遊びを思う存分楽しんだ。

 「ここはあまりごみが落ちていなくて、きれいで涼しくしてくれる場所」、「魚を見るのが楽しみ。水の中に入ると魚が隠れてしまうけど、水の冷たさが気持ちいい」と児童らは話していた。

 法全寺の区長は「この善意の川は地域の誇りで、子どもたちの誇りにもなっている。皆で代々守ってきたこの川を地域の子どもたちに受け継いでいってもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52