「地域の住民と一緒に」阿南二中百人一首大会

地域の話題

[ 2010年 1月 27日 水曜日 9時28分 ]

 阿南町立阿南第二中学校(小室邦夫校長、40人)は26日、百人一首大会を開いた。全校生徒40人のほか、地域住民7人も参加し、昔ながらの遊びを通じて交流を深めた。

 百人一首大会は、古典に親しみ、日本の伝統文化に触れようと毎年開催している。同校では、学校行事での地域住民との交流に昨年からは地域の住民も百人一首に参加している。

 8つの縦割り班に分かれ、源平合戦形式で競技。各班には1人ずつ地域の住民が加わった。1月から毎日昼休みの時間を使って練習してきた生徒ら。上の句を読み終わらないうちにほとんどすべての札が取られてしまった。地域の人にとっては、百人一首は50年振りという人もおり、生徒にたちに圧倒されながらも一生懸命がんばっていた。

 参加した近くの村松安代さんは「私たちはそこまでやらなかったけど、いまの子どもたちは1つのことに一生懸命。きょうは楽しく参加させていただいた」と語った。同じく坂井登さんは「中学生がすごくてあまり札を取れない。去年も参加したが楽しいものだ」と目を細めた。

 全首を暗記し、上の句の3文字を読まれただけで全部分かるという3年の下平七海さんは「地域の皆さんも昔やったもの。一緒に交流できてうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞