「天竜川鵞流峡プロジェクト」観察会開き本格始動へ

地域の話題

[ 2015年 11月 25日 水曜日 15時36分 ]

 飯田市竜丘地域自治会と天竜舟下りが連携して6月に立ち上げた「天竜川鵞流峡復活プロジェクト」で23日、環境教育体験事業の一環として自然観察会が開かれた。子どもから大人までの20人余が参加して放置竹林の現状を把握。28日には一般募集した作業スタッフ「竹林伐採バスターズ」が竹林伐採の1回目を行う予定で、プロジェクトが本格始動する。

 同地区は2014年度策定の基本構想で、名勝鵞流峡周辺の不法投棄が後を絶たないことから、環境整備による対策を進めようと同プロジェクトを発足。作業スタッフを地区内外から募ったところ21人の応募があり、伐採活動を来年3月までの期間で実施していく。

 その前段階と位置付けた自然観察会では森林インストラクターの男性(42)の案内で、生えている広葉樹や竹の種類を学び、斜面に降りて増え続ける竹の様子や事前に地元住民が竹を伐採して整備した環境を見て回った。

 インストラクターは、鵞流峡にはハチク(淡竹)、マダケ(真竹)、モウソウチク(孟宗竹)の3種類の竹が生えており「枝の中が空洞になっているのがマダケ」、「モウソウチクは江戸時代、島津藩が中国から持ち込み、全国へと広がった」などと竹の見分け方や歴史を紹介。竹林に入ってからは「いろんな木の種が飛んできていると思うが、光が差し込まずまったく育っていない」と生い茂る竹の脅威を伝えた。

 参加者らは、1961年まで風呂や食事を提供していた天竜川沿いの「湯の瀬」跡も巡り、事前に伐採してあった竹を時又港駐車場に運んで竹炭を作り、バーベキューで懇親を深めた。竹林バスターズには緑ケ丘中学校の生徒5人も参加しており、観察会には3人が参加。3年生の男子生徒の一人(15)は「地域のために貢献できることをしたいと思い応募した。地元をきれいにしていきたい」と語った。

 同プロジェクト代表を務める天竜舟下り企画室長の曽根原宗夫さんは「中学生の参加には驚き、うれしい」と述べ、「竹を絶やすのではなく、有効活用しながらうまく共生していくことを目指したい」と語った。

 整備作業は鵞流峡エリアの約2ヘクタールの竹林を伐採し、下段の竹は舟で時又港に運び出す予定。切り出した竹を活用して竹いかだや竹炭づくり、エネルギーとしての利用をはじめ、食育体験、森林学習、環境教育体験事業も開催する方針だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30