「天龍村をピカピカに 」小学生らが一斉に美化活動

地域の話題

[ 2013年 10月 5日 土曜日 14時34分 ]

 天龍村で4日早朝、恒例の美化活動「天龍ピカピカ大作戦」が展開され、主催した天龍村立天龍小学校の児童や地域住民たちが一斉にごみ拾いをした。

 「村をピカピカきれいにしよう」と2000年度から毎年、春と秋に続けている恒例の行事。村内では「天ピカ」の略称で認知され、住民の協力者も増えている。

 今回も約30人の児童に加え、役場や村教育委員会、県下伊那南部建設事務所の職員、婦人会員、村議ら約70人が参加。天龍中学校から天龍小学校にかけて、JR平岡駅や村民体育館周辺、阿南町との境界から味覚小屋付近まで、平岡ダムから飯田方面へと掃除する4つのグループに分かれて作業した。

 このうち、和知野川キャンプ場入り口付近の味覚小屋周辺を清掃したグループは、軍手をして火ばさみ、ビニール袋を持って作業。一列に並んで道路の脇を進み、空き缶やペットボトル、コンビニ弁当のごみ、たばこの吸殻などを拾い集めた。

 参加者たちによると、総量は年々減っているものの、近年はおにぎりの袋やペットボトルなど食べ物に関するごみが目立つようになったという。

 はじめの会で、大平巖村長は、子どもたちに向けて「拾うことも大切だが、捨てないことも大事。東京五輪の招致でおもてなしの心が注目されているが、拾う人の事を思いやる気持ちが大切だ」と思いを語っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞