「夫婦杉」にハート形

地域の話題

[ 2020年 3月 31日 火曜日 15時12分 ]

 大宮諏訪神社(飯田市宮の前)境内の「夫婦杉」にハート形のライトアップがお目見えし、写真映えすると話題になっている。

 神社の案内板には、「未満水」とも呼ばれる1715(正徳5)年の大規模な水害を免れたお礼の記念に植えられた―とある。時間の経過とともに根元が結ばれて双樹杉となり、夫婦円満や縁結びの御利益があるとされる。

 御利益がある場所にちなんで、責任総代の松澤卓治さん(73)がライトアップを提案。飯田市街地にある桜の名所「大宮通り」の桜の開花時期に合わせて初めて設置した。

 電球を並べてハート形をかたどり、高さ3メートルほどの位置に据えた。夜空に浮かぶハートは大宮通りからでも確認できるとあって、3月30日は「桜並木を歩いていたらハートが目に留まったから」と境内まで足を延ばして写真に収める人の姿もあった。

 参拝客を迎える「随身門」を夜間に照らすなど、境内を光で明るくする取り組みを進める。夫婦杉のライトアップもその一環で、松澤さんは「神社を身近に感じてもらうきっかけになれば」と話していた。

 ライトアップは4月11日までを予定。午後5時半~10時。

◎写真説明:夫婦杉に設置したハート形

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞