「実りゆく」を見に行こう

地域の話題

[ 2020年 9月 21日 月曜日 13時59分 ]

 松川町を舞台にした映画「実りゆく」の10月2日先行公開を前に、松川町の住民グループ「八木組松川支部」が19日から21日にかけ、飯田下伊那地域のキラヤ9店舗でPR活動を行った。

 21日には、映画のモデルとなった芸能事務所タイタン所属のお笑い芸人、松尾アトム前派出所(本名・寿司(としじ))さんも加わり、キラヤ竜丘店、鼎店、大島店の3店舗でPRを展開した。

 八木組のメンバーらは、訪れた買い物客に「松川町を舞台にした映画がもうすぐ公開されます」と映画のパンフレットなどを手渡した。会場では、センゲキシネマズの協力で前売券も販売。松尾さん脚本のオリジナル人形劇「実りゆく半沢直樹」の上演も行った。

 松尾さんは「もうすぐ映画が公開になる。目が悪い方は眼鏡を忘れないよう注意してほしい」とユーモアを交えて呼び掛けている。
 「実りゆく」は、お笑い芸人を目指すリンゴ農家の後継ぎの若者を描いた青春映画。昨秋、松川町内でロケを行った。主題歌は地元出身のロックユニット、グリムスパンキーが手掛ける。

4日に舞台あいさつ
前売券も販売中
センゲキシネマズ

 飯田市中央通のセンゲキシネマズは、10月2日県内先行公開の映画「実りゆく」の専用前売券を販売している。一般1400円。シニア(65歳以上)1100円、小人(中学生まで)900円。

 10月4日午前中の回は、舞台あいさつを予定する。主演のまんじゅう大帝国・竹内一希さんと田中永真さん、監督の八木順一朗さん、映画のモデルとなった松尾アトム前派出所さんが参加する。

 問い合わせは、センゲキシネマズ(電話0265・22・1070)へ。

◎写真説明:映画をPRする八木組のメンバー(キラヤ竜丘店で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     









記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞