「御大」生誕100年記念でパネル展

地域の話題

[ 2011年 6月 27日 月曜日 15時59分 ]

 高森町牛牧出身で元明治大学野球部監督・故島岡吉郎さんの生誕100年を記念する写真パネル展が、同町吉田の飯田信用金庫高森支店で開かれている。8月末まで。

 明大野球部に保管されているゆかりの資料を、町が借りて展示した。1977(昭和52)年の東京六大学リーグ戦で指揮を執る様子や80年春に穏やかな表情で野球観戦する姿などを収めた写真パネルのほか、明大野球部監督時代のユニホーム3点も並ぶ。

 町は生誕100年を記念した事業を計画しており、8月4日に明大野球部と駒大野球部との交流試合を飯田市の県営飯田球場で開催。6日に子どもを対象にした野球教室を開く。

 島岡さんは明治高校野球部監督を経て、52年に明大野球部監督に就任。計15回の東京六大学リーグ戦優勝や、計5回の全日本大学野球選手権優勝などの成績を残した。「御大」の愛称で親しまれ、アマチュア第1号で野球殿堂入りしている。89年に77歳で死去。

 島岡さんの記念展は、同支店窓口の営業時間の午前9時から午後3時まで。無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞