「成り木責め」で市田柿の豊作を願う

地域の話題

[ 2019年 1月 22日 火曜日 16時28分 ]

 市田柿の豊作を願う伝統行事「成り木責め」が21日、飯田市上郷黒田の柿畑で行われた。飯田下伊那特有の小正月行事で、飯田市農業振興センターが産地をアピールしようと2012年から続けている。斧で柿の幹を切りつけ「成らなければ切るぞ」と責め立てた。

 昭和40年代前半までは風習として続けている農家が多かったが、近年はほとんどいなくなった。

 同センターは、ブランド化や生産・販売振興につなげる目的で2012年から継続。同市下久堅の「三石家」の作法にならった。

 今年も剪定講習会の冒頭に行い、参加者ら約50人が見守った。

 柿の木に向って二礼二拍手一拝をした後、園主の下島智和さん(59)が「成りそろ(候)か、切りそろか、成らなくば切ってしまうぞ」と声を張り上げ、斧で木の幹を切りつけた。

 センターの増田寿匡係長が柿に代わって「成ります、成ります」と答え、傷口を白かゆとお神酒で清めた。

 下島さんは、柿の着果量が少ない裏年に当たった昨季の生産状況を「比較的順調だった」と振り返りつつ、「今年も大きな災害がない年になり、よい柿が育ってくれれば」と願っていた。

 講習会にはシルバーセンターの会員や一般らが参加し、専門家から柿の剪定技術を学んだ。

◎写真説明:柿の木に斧を入れる下島さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞