「手をつなごう!世界は一つ」飯田国際交流の夕べ

地域の話題

[ 2009年 12月 8日 火曜日 15時52分 ]

 飯田下伊那に暮らす世界各国の人たちが、料理やステージ発表を通じてふれあう「飯田国際交流の夕べ」が6日、飯田市上郷別府の飯伊地域地場産業振興センターで開かれた。20周年記念として体験ゾーンを新設し、抽選会とじゃんけん大会も実施。約750人(主催者発表)が訪れてにぎわった。

 「手をつなごう!世界は一つ」をテーマに飯田国際交流推進協会(横田盛廣会長)が主催し、20回目。飯田市とフランス北東部のシャルルビル・メジェール市が人形劇を通じた交流を始めたのをきっかけに発足し、毎年開いている。

 世界各国の料理を味わう恒例の「ワールド縁日」では、17カ国から22団体・個人が出店。ブラジルの揚げ物「コシンニャ」、タイのグリーンカレー、韓国のキムチやのり、インドのチキンカレーなど多彩な料理が並び、参加者は好きな料理を皿に盛って味わっていた。13団体が歌やダンスを披露する「ワールドステージ」もにぎわった。

 ことしは遊びや文化を体験する体験ゾーン、言葉や文化を紹介する展示ゾーンを設けた。体験ゾーンでは日本文化に親しむ着物の着付けや抹茶立て、水引細工のブースやバングラディシュのボードゲームで遊ぶゾーンがあり、親子で楽しむ姿が見られた。家電製品や食料品が当たる抽選会、テレビがもらえるじゃんけん大会もあり、最後はサンバを踊って盛り上がった。

 ブラジル日系人スポーツ文化協会会長の船橋辰也さん(39)は「外国の文化を日本人に紹介するのは、“手をつなごう!世界は一つ”を目指すという意味でチャンス。各国の代表が実行委員会に入って一緒に考えることができる。30年、40年とずっと続けてほしい」と語った。

 横田会長は「(20年が経ち)参加意識が大きく変化してきた。これから移民が増えていく中、飯田の地域は良いところだ、と飯田へ来る人が増えてくると思う。国際交流はゆっくり辛抱強くやっていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞