「支えてくれた方に感謝」

地域の話題

[ 2020年 10月 15日 木曜日 15時42分 ]

 女性の内外面の美しさを表現する「ミセス・ジャパン2020」の地方大会が9月27日に長野市で開かれ、南信地区からは5人が参加した。全員が入賞し、うち2人が全国大会へ駒を進めることになった。5人は「地域の方々の支えがあってこそ。感謝を伝えたい」としている。

 中塚裕佳里さん(55)はクラシック部門(46歳以上)で準グランプリを受賞。「皆が声を掛けてくれ、うれしさと同時に責任を感じる。全国では自分自身がどこまでできるか挑戦したい」と意気込んでいる。

 ヤングミセス部門(25~45歳)グランプリは石吾瞳さん(41)。「ティアラの重さをひしひしと感じている。全国はさらにハードになるから、強い気持ちを持って臨みたい」と語った。

 最も個性を感じるミセスに選ばれた長尾有希子さん(55)は、泰阜の魅力をスピーチで語った。「思った以上に緊張したが練習してきた成果を発揮できた」と笑顔で話した。

 最も美しくドレスを着こなしていたミセスに輝いた北村裕美さん(39)は、天使をイメージした淡いグレーのドレスをまとって出場。「私が挑戦する姿で他の人を励ますことができれば」と期待している。

 「緊張せずにいつも通りにできた」と話すのはホテルメルパルク長野賞を受賞した木下典子さん(46)。「大会を通して人に見られている緊張感、意識を持つようになった」と話した。

 同大会は25歳以上の既婚、結婚歴のある女性が自分の魅力をスピーチやウオーキングで表現する。今年3月には南信(飯田)チーム が結成。5人はレッスンを共に受け、切磋琢磨してきた。

 チーム総括の原田静夫さん(72)は「クラウドファンディングへの多くの方の協力や、飯田市、高森町、松川町、泰阜村に後援いただくなど支えてくださった皆さんがいるからの受賞」と感謝を述べた。全国大会は3月に予定されている。

◎写真説明:南信(飯田)チームの出場者と原田さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞