「昼神女子旅」期間限定メニュー 県内サークルKで販売

地域の話題

[ 2015年 8月 31日 月曜日 13時06分 ]

 阿智村昼神温泉郷の「昼神温泉女子旅☆推進委員会」(中島美香委員長)と、サークルKサンクス(竹内修一社長、本社・東京都中央区)の共同開発したご当地商品が、9月1日から28日までの期間限定で、県内サークルK142店舗(7月末時点)で販売される。

 商品は「日本一の星空カレー」と「昼神温泉お結び」、「天ぷらまんじゅう風サンド」の3種類。ご飯には県産のコシヒカリを使用し、南信州の食文化を伝えるメニューになった。

 このうち日本一の星空カレーは、星空に見立てた粉チーズをトッピングした欧風カレーに、野菜たっぷりのラタトゥイユ、「お星様ポテト」と「お月様ニンジン」をトッピング。阿智の星空と豊富な野菜畑をイメージした。値段は税込み450円。

 昼神温泉お結びは、恋人の聖地の「縁結び」と「おむすび」をかけ「昼神温泉でいいご縁に恵まれるように」と願いを込めて名づけた。ソースかつ、野沢菜・豚肉の2種類をセットにしたおにぎりで260円(税込み)。

 天ぷらまんじゅう風サンドは、南信州で盆と彼岸に食べる「天ぷらまんじゅう」をイメージし、揚げたパンの中にこしあんをいれたもの。温めてもそのままでもおいしく味わえる。値段は130円(税込み)。

 各商品に貼付されている応募券3種を集めて応募すると、宿泊補助券やスキンケアグッズ、星空バスツアー利用券が当たるグルメキャンペーンも開催する。

 同推進委員会の一人は「どれもおいしいのでぜひ全部食べてみてほしい。この商品をきっかけに、より多くの方に昼神温泉を知ってもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio