「村に良い年迎えよう」下條匠の会が門松作り

地域の話題

[ 2013年 12月 18日 水曜日 12時28分 ]

 下條村の伝統工芸伝承グループ「匠の会」(古田法人会長)は16日、村内の公共施設などに飾る門松づくりを行った。今回、作製したのは18基。会員15人が集まり、良い門松で良い年を迎えようと作業に汗を流した。

 同会は、昔ながらの文化と匠の技を伝えていこうと活動しており、門松と小正月飾りの展示の他、保育園児へのわら草履、しもじょっ子祭りでの竹灯ろう作成などさまざまな分野で活動を行ってきた。

 村役場や小中学校など公共施設へ向けた門松作りは好評で、村内の事業所などからも注文が寄せられるようになった。当初9カ所ほどだった設置場所が倍増。注文はさらに多く寄せられているが、会としては18を一つの区切りにした。

 この日までに竹を切り出し、わら細工の台座やしめ縄飾りを作るなど準備を進めてきた会員たち。竹を3本組み合わせて番線で固定し台座に据えつけると、全体のバランスを見ながら松や梅、南天などを飾りつけていった。

 古田会長(86)は「会員皆が忙しい中出てくれて作業に取り組んでくれる。大変な作業で、我々も1年ごとに年をとるが、村に良い年が迎えられるよう頑張りたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞