「東山道年輪ウオーク」 全国から“達人”が集結

地域の話題

[ 2011年 9月 8日 木曜日 15時38分 ]

 ウオーキング愛好家の勲章「歩楽達人之碑」がある阿智村で7日、3回目の「東山道信濃比叡・年輪ウオーク」が行われた。地球1周4万キロなどの条件をクリアした全国のウオーカーが園原の信濃比叡広拯院に集まり、新たに自分の名前が刻まれた碑と対面してから、昼神温泉郷までの約7・7キロでウオーキングを楽しんだ。

 達人碑は日本ウオーキング協会公認の記録達成モニュメントで、最澄ゆかりの信濃比叡一帯を比叡山延暦寺に続くウオーキング愛好家のメッカにしよう│と2008年に建立。4万キロ歩行、全都道府県踏破などを達成して申請すると、碑に名前が刻まれる。

 ことしの年輪ウオークには、北海道から愛媛県までの広範囲から申し込みがあり、家族を含む56人が参加。刻銘式で自分の名前を見つけて笑顔を浮かべた達人たちは、前日夜に昼神温泉で開かれた懇親会で打ち解けあった参加者、地元スタッフらとともに、東山道最大の難所だった神坂峠の麓を歩いた。

 地球一周を達成して参加した東京都武蔵野市の女性(77)は「碑に名前が刻まれているのを見て感動した。年を取ったので、信濃比叡でもらったご朱印もうれしく感じる。東京にも景観のいい場所があるけれど、ここの自然もすごいですね」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞