「民宿おかあさん」に学ぶ、飯田で100選認定の7人迎えセミナー

地域の話題

[ 2010年 2月 13日 土曜日 12時50分 ]

 農林水産省から「農林漁家民宿おかあさん100選」に選ばれた県内認定者7人と語り合う、県主催の「農家民宿スキルアップセミナー」が10日、飯田市伊賀良公民館で開かれた。県内から集まった四十数人が「おかあさん」の取り組みを聞いたほか、意見交換や農家民宿の見学もした。

 「民宿を訪れる人が本当に求めているものは?続けて来てもらうための工夫は」との質問に、飯田市千栄で「ふれあい農園おおた」を営む太田いく子さんは「来た人が何を求めているかはすぐに分かる。電話応対を含めて『一生懸命出会う』ことが大事で、手間はかかるが手紙のやりとりなども必要」と話した。

 利用者との良好な関係を築く秘けつに関連して、「蔵の宿 みらい塾」(伊那市長谷)の市ノ羽幸子さんは「人間の究極の幸せは、人に喜んでもらうこと。だから一生懸命働いている」とやりがいを語った。

 今後のあり方について、「山の宿 加満屋」(天龍村平岡)の熊谷美沙子さんは「都会人にとって実家よりくつろげる場でありたい」と語ったほか、地域のため将来的に雇用も検討する考えを語った。

 「農家民宿 楽珍房」(飯田市北方)の原さだ子さんは、行政と農家民宿の強い信頼関係の持続が必要と指摘したほか「民泊にもいろんなあり方があっていい」と、幅広い考え方で取り組むよう勧めた。

 セミナー会場を飯田市内としたのは、飯田下伊那が農家民宿のメッカで、認定者7人のうち3人が飯伊在住のため。今後も県内各地で開催していく予定だという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞